LEGOシリアスプレイ®️を活用したキャリアデザイン研修。

この記事は1分で読めます

Pocket

最近はLEGOシリアスプレイ®️を活用したキャリアデザイン研修が続きます。
やっぱり自分で設計して実施する研修はたのしい(^-^) LEGOを活用したグループセッションなんかもやろうかなあ。。

それにしても。

人はなんてクリエイティブなんだろう!!
コーチングの学びとかで、「要はモノゴトはとらえ方しだい」なんてことをよく言いますが、
成長のスピードなども「とらえかた」によって本当に変わると思います。
LEGOを使ったワークをしてると、「良い意味でのこじつけるチカラ」の大切さを感じます。

LEGOシリアスプレイ®では、潜在意識や深層心理がつくった作品に現れたりします。
本人が気づいていなくても。
だから、単に表面的な形だけではなく、
たまたま無意識に選んだピースに
実はなにかのメッセージやヒントがあったりするのです。

だから、
それに気づいたり、読み取ったりすることが大切です。
こじつける=意味づける、とも言えます。

(そのためには、場のセットアップやら、
LEGOを作ってもらうプロセスにもちゃんと配慮や仕掛けが必要なのです。)

それにしても。
やっぱり
意味づけるチカラはだいじだなあ、と思います。

(意味づけのしすぎもよくないんですけれどね。)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。