メンターを持つ。

この記事は1分で読めます

Pocket

人生のメンターを持つことが本当に大切だな、

と最近つくづく思います。

勝手に『この方はわたしのメンター!』

と決めさせていただいたりしています。

もちろん直接会って、

話を聞いてもらったり

アドバイスをもらったりできる関係の方だったら

ベターなんですけれど、

そうではない方だって、

その方の本や発言を参考にして、

ひそかに

《わたしの心のメンターに任命!》

したっていいと思うんです。

呼吸法の加藤俊朗先生もわたしのメンター。

(わたしの一方的な思いですけどね。

ただ、直接会ってアドバイスをもらえることもある!)

ときどき、

『わたしのメンターの○○さんなら、

こんなときどう考えるんだろう

どう決断するんだろう

どう行動するんだろう』

なんて、考えてみたりします。

加藤先生のステキなことばをちょっとだけ書き留めておきます。

———————————-

《清く、尊く、正しく》。

呼吸でこころをととのえる。

ぶれない自分になっていく。

(加藤先生の呼吸法での学びより。)

『毎日まっさらな1日がはじまる。

一生に一度しかない日だと心に決める。

今日も自分を磨かせていただける。

ありがたいことだと思って生きる。』

(加藤先生が紹介してくださった、中村和尚のことばより。)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。