研修の場で大切にしていること。

この記事は1分で読めます

Pocket

その昔、講師の仕事をしはじめて、

ちょっとしたスランプ?になったとき、

会社の先輩に言われたことば。

「さとちゃん、

私たちは研修に何回も登壇するけれど、

参加者の皆さんにとってその研修は

最初で最後の唯一の機会。

だから、心を込めて、全力でやる。

でも、私は

講師である自分の存在は忘れられていいと思うんだ。

こちらが伝えたことばを、

その方の人生のふとした場面で思い出してもらえたらいいな、

と思いながらやっているよ」。

今も大事にしてることば。

同じようなことばを、

最近師匠である榎本英剛さんからも言われた。

特に若い人たちにかかわる活動は「種まき」だと。

師匠いわく、

《そういえば、あのときあの人がこんな話をしていたな、

と思い出してもらえたらいいな、と》。

そうか、種まき、かあ。

海外ビジネス武者修行プログラムで

ファシリテーターを担当させてもらうときに、

私が大事にしたいことは、

そういうことなんだなと改めて思った。

この春はどんなみんなと、

どんな時間を過ごせるんだろう。

そして。

今年は研修やワークショップの場で

どんな方たちとのご縁があるのだろう。

新しい出会いをたのしみにしていよう。

できることを、ていねいに、

全力で、やる。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。