アフリカンダンスが好きなんです。

この記事は1分で読めます

Pocket

【好きなこと。アフリカンダンスを踊ること。】(しつこいか)

はじめてアフリカンダンスに出会ったのは、2002年だったかな。

新聞社のOLしていた頃で、隣のチームで働いてた同僚に誘われていったワークショップでした。

コートジボワール人の超パワフルな女性ダンサーのニャマ・カンテさんが最初の先生。(テニスのセリーナ・ウィリアムズ似)

全身がバネなんじゃないかと思うくらい、ものすごい躍動感。
その時以来、私はアフリカンダンスの魅力にハマっていきました。

今思えば、いろんな先生から習いました。

アフリカ人も日本人も。
それまでは、特にダンス経験もないし、

ダンス=ちょっとチャラい、というイメージもあったし、

アフリカに馴染みもなかったし。笑

今考えると、本当にたまたまの、

でも出会うべくしてのご縁だったのかもしれません。
2002年にアフリカンダンスを始めてからは、

ダンスイベントを企画して踊ったり、

アフリカンフェスティバルなどのステージで踊ったり、

かなり熱を入れていた時期もありました。

コンサル会社に転職してからは仕事が忙しく、

昔ほどのペースでは踊れなくなりましたが。

(けど、最近は徐々に頻度があがってきてます)
踊っていると、

太鼓のリズムが、身体に響いて、

頭の中が空っぽになります。
浄化される感覚と、

呼び覚まされる感覚と。

大地と宇宙とつながる感覚も。
そして、

みんなで笑顔で踊っている瞬間、

なんともいえないしあわせ感でいっぱいになるのです。

(これがたまらない!)
同じ時間を共有し、エネルギーを共有し、

場の一体感を味わうと、

なんともいえない満ち足りた気持ちになるのです。

(これがやみつき!)
そういえば。

今私が学んでいる先生は、

アフリカンダンスとアドラー心理学について

研究をしたこともあるらしく。(わお!)
呼吸法の加藤俊朗先生の本にも

アフリカンダンスが紹介されています。(やっぱり!)
どうやら、私が惹かれるものは、

大きなところでつながっているようなのです。

うん。そうみたい。
わくわくを指針に、人生を歩む。

たのしいことだけやっていく。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。